実績15年の留学エージェント。24週以上の語学留学手続き無料!全国どこでもオンラインで相談OK!

会社案内

受付時間は土日祝日を除く10:00~18:00まで


【体験談/カナダ留学】語学留学後、晴れてUBCご入学! in バンクーバー(Hiroさん)

プロフィール

名前:Hiroさん

学校名:「Langara College」
コース名:大学進学
留学期間:4年間
滞在方法:ホームステイ、シェアハウス
ビザタイプ:学生ビザ

きっかけ

幼い頃から海外への強い憧れがあり、自分の知らない世界を肌で感じたいと思ったのが留学を決めた一番の理由です。

留学先はもともと英語圏に絞っていて、治安の良さ、スタンダードな英語、学びやすい環境を追及した結果、カナダのバンクーバーに決めました。

 

留学前に心配だったこと

目標(ブリティッシュコロンビア大学への編入)に向かってただ突き進もうと決めていたので特に大きな心配事はありませんでした。

現地到着時について

現地での手続きも問題なく終え、空港ではホームステイファミリーが出迎えてくれました。

学校について

<Langara College 付属の語学学校 (LEAP program)>

初めの頃は特にリスニングやスピーキングに慣れるのに苦労しましたが、2~3カ月でだいぶ慣れました。1クラス20人程度で教師や他の生徒との距離も近く気軽に質問や話ができるので英語を習得するには最適な環境だと思います。課題が多く勉強が大変と聞いていて身構えていましたが、予想していたほどでもなかったです。(人にもよると思いますが)


<Langara College (本コース)>

語学学校を修了したとはいえ、リーディングのスピードや講義の理解力はネイティブの生徒と比べて格段に劣っていると感じたのを覚えています。僕が目標にしていたUBCへの編入には高いGPA (成績) が必須なので、最初は正直焦りもありましたが、勉強時間に比例して効率的な勉強法が身に付き、成績も伸ばすことができたので自信に繋がりました。


<入学時のレベルと修了時のレベルをそれぞれ教えてください。>

留学生活を始めた当初は、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング、全ての分野において初級レベルでしたが、留学を始めて3年後には IELTS 6.5 を取得しました。


<国籍バランスや母国語禁止ルールはいかがでしたか?>

Langara College 付属の語学学校 (LEAP program)に関しては、中国、ベトナム、サウジアラビア、韓国と国際色豊かなクラスで、中国とベトナムからの留学生が多い印象でした。中には同じ国からの生徒で固まったり、母国語を話す生徒もいましたが、やはり真面目で勤勉な生徒が多かったです。


<学校の施設や教材、周辺環境はいかがでしたか?>

語学学校、カレッジともに学ぶには最適な環境だったと思います。特に語学学校の教材は生徒がいかに興味を持ちながら学べるかを考えて構成されていて、リーディングやリスニングの内容はカナダの文化、ソーシャルメディアや環境問題など多岐にわたり、楽しく学べると思います。また、キャンパスもきれいに整備されていて気持ちよく毎日通うことができました。


<学校のアクティビティやオプションクラスに参加しましたか?内容はいかがでしたか?>

学校主催のイベントはあまり参加しませんでしたが、地元の野球チームに入り、毎年夏になると練習や試合をして体を動かしていました。野球には限らず、地元のコミュニティに参加する事で新しい人との出会いや発見があると思うので、勇気を出して一歩踏み出してみることが大切だと思います。

滞在について

<お部屋、食事、ホストファミリーとの交流はいかがでしたか?>

ホストファミリーはとても親切で料理もおいしく、いい体験ができたと思います。初めの頃は分からない事だらけだったので、SINナンバーの取り方やバスで学校に行く道順などいろんな助言をもらいながら生活していました。


<シェアメイトの国籍、毎月の家賃、通学・通勤時間を教えてください>

バンクーバーに来て2カ月がたった頃、ホームステイからシェアハウスに切り替え、サウジアラビア出身の友人とひと月一人あたり$750の場所に移りました。学校には徒歩で通えるほどの場所だったので、学校に遅くまで残って勉強することも増えました。

持ち物について

バンクーバーにきて持っていけば良かったと思うものは特にありませんでしたが、日本から持っていった日本語で書かれた英語の解説書などは一切使いませんでした。

滞在中のお小遣いについて

<ひと月当たり>
食費…$250(約2万円)
交通費…$45(約4千円)
旅行代…$70(約6千円)

※2020/9/4現在、1CAD=約83円にて換算

アルバイトについて

学校に通いながら友人の紹介でレストランのサーバーや、ツアーガイドの手伝いをしていました。時給は約$16でチップも追加でもらっていました。
※カナダで学外でアルバイトをするにはオフキャンパス就労(Work off campus)という制度というものがあり、一定の条件が必要です)

全体的な感想

苦労することもありましたが、今思えば第二言語での生活や経済面での困難も自分を大きく成長させる良いきっかけになったと確信しています。留学当初に目標としていた大学にも無事編入することができ、日々の積み重ねの大切さについても再確認できました。今後も新たな目標に向かって突き進んでいきたいと思います。

これから留学する人へのアドバイス

分からないことばかりで不安もあるかと思いますが、間違いなく近い将来、素晴らしい経験ができたと言える日が来るはずです。普段出会えない人々と会ったり、普段見えない景色を見る中で、自分が当たり前だと思っていた世界観が次々と覆されていくことでしょう。私は留学を通して以前とはまた違った視点から物事を見ることができるようになりましたし、価値観も大きく変わりました。この経験は私にとっで唯一無二の財産です。皆さんの留学が大成功することを祈っています。

アズ留学センターのサポートについて

皆さんとても親切で質問にも分かりやすく答えてもらえるので、海外留学について全く知らない方でも安心して相談ができます。また、一人一人のニーズにあった留学プランまたは学校を提案してくれるので、私もスムーズに留学準備を進めていくことができました。

暗いニュースが多い中、UBC入学という大きな夢が叶った!とわざわざカナダから電話をくださいました。

Hiroさんがカナダに渡航したのが2016年。そこからたくさんの努力と素晴らしい経験を経て夢を叶えたというご報告に、アズスタッフ一同、胸がいっぱいになりました。Hiroさん、本当におめでとうございます!

次なる目標に向けて、新たな舞台でのさらなるご活躍を楽しみにしております!

 

フォトギャラリー

体験談一覧に戻る

Instagram

留学相談 / お問い合わせ