実績15年の留学エージェント。24週以上の語学留学手続き無料!全国どこでもオンラインで相談OK!

会社案内

受付時間は土日祝日を除く10:00~18:00まで


0800-888-6188無料
受付時間:土日祝日を除く10:00~18:00まで

【現地レポート/ニュージーランド】新型コロナ状況下の現地校 ・高校留学生活(ウェリントン)

プロフィール

名前:K君(高校2年生)

学校名:現地公立高校「Wellington High School(ウェリントン高校)」
コース名:高校課程
留学期間:高校卒業まで(2019年1月~)
滞在方法:ホームステイ(個室・3食付き)
ビザタイプ:学生ビザ

2020年

アズ留学センターよりニュージーランドの高校に留学中のK君から留学中の様子が届きました。新型コロナ禍のため、日本への一時帰国をせずにニュージーランドで長期留学生活を送るK君の最新情報をご紹介します。


*ニュージーランドでは、今回の新型コロナウイルス初期対応を迅速かつ冷静に行ったアーダーン首相のリーダーシップが他国から絶賛されていました。現在のニュージランドにおける新型コロナ感染状況はこちらからご確認ください。 ↓↓↓

<新型コロナ影響下での生活 >

*弊社現地パートナーオフィスより

K君の通う学校はニュージーランドの公立高校では珍しく制服がないため、私服で自由な雰囲気を謳歌しています。といいつつも勉強には手を抜かず、K君は1年生の段階からしっかりと目標をもってがんばっています。
ひとり一人が自立した雰囲気のある学校で、生徒同士仲が良く、K君自身もたくさんのお友達に恵まれて楽しく充実した学校生活を送っています。
以下、最近の様子をK君に聞いてみました。


ロックダウン後の学校の様子は?

「再開した時は、学校の開始時刻が遅くなりラッキーでしたかね(笑) 意外とみんなマスクは付けず、人と人との距離を気にして机の間を空けていました。ロックダウン中はみんな結構つまんなかったって言ってました(笑)」

学校の勉強について

「好きなクラスはpsychologyですかね。最近は、心理学の3つのアプローチ(行動主義心理学、生理心理学、認知心理学)を紹介されて、それぞれの違いとギャンブル中毒への関わりについてのレポートを書きました」

最近頑張っていることは?

「勉強ですかね。大学受験まであと約1年。帰国子女枠で受けるために必要なIELTSのスコア6.5をとるため励んでいます。アズで紹介してもらった帰国子女入試対策オンラインクラスや近隣大学でのIELTS講習を受講しています。塾や大学のIELTSコースにも7月から参加し、オンラインで小論文対策などを行っています」

ホリデー期間中は何をしていましたか?

「授業や友達紹介で仲良くなった友人らと遊ぶ時間が増えました。ウェリントン高校の留学生用イベント(映画、アクティビティなど)が多々あるので、参加して友達を作ったり、現地の友達の家に泊まってより仲を深めたりしています」

<K君と友達との様子>

新型コロナの影響下ではありますが、ニュージーランドで今できることをコツコツと前向きに取り組むK君の様子を知られてほっとしました。
来年度末には、帰国子女枠で日本の大学を受験する予定とのこと、このまま突き進んでください!

以上、長期留学中の高校生K君の留学生活・現地レポートご紹介でした。

*留学先:ニュージーランド公立共学高校「Wellington High School(ウェリントン・ハイスクール)」は設立1885年の老舗高校ながら、他校とは異なる新しいことを試みる校風が特徴。ニュージーランド国内では珍しく制服がなく服装が自由で、学生の個性尊重に重きを置く教育方針で運営されています。

体験談一覧に戻る

Instagram

留学相談 / お問い合わせ