実績16年の留学エージェント。24週間以上の一般語学留学手続き無料!全国どこでもオンラインで相談OK!

会社案内

受付時間は土日祝日を除く10:00~18:00まで


【体験談/ドバイ】語学留学2週間(N.K.さん・大学4年生)

プロフィール

名前:N.K.さん *留学後のコメントで「今回の留学で一番の収穫は、出会いでした。ドバイはまるで世界全体の縮図のようで、色々な経験を一つの場所ですることができます。」という素敵なメッセージを頂きました!

学校名:ES Dubai (English Studies Dubai)
コース名:一般英語 Semi Intensive(週15レッスン)
留学期間:2週間(2021年9月)
滞在方法:学生寮(2人部屋、食事なし)
ビザタイプ:観光(ビザなし)

■留学前、渡航時について

<留学のきっかけや留学先を決めた理由>

現在私は外国語大学3年生で、2年次に大学の留学制度を利用したニューヨーク市立大学へ1年間の留学が確定していたのですが、コロナの状況によりキャンセルされました。
大学3年生になって私は言語を生かした仕事がしたいと考え国際系の就活サイトを覗いたりすると、留学経験についての記入がオプションにあったり留学経験をしていることが重要となっている企業などもあり、留学をしたことがある肩書きが欲しい気持ちがより一層強くなりました。
そこで、就活を本格的に始める大学3年次秋学期前の夏休みしか留学できない、と思い夏休みに短期留学をする決断をしました。
当初はマルタへ留学する予定だったのですが、コロナによる状況が悪化し渡航が困難になったため渋々ドバイへ決めました。でもドバイに行って本当によかったです。

<留学前に心配・不安だったこと>

一番は、自分一人で初めて海外へ行ったので友達ができるかが不安でした。しかし、現地の空港についた瞬間同じ寮の日本人が多数いたのですぐにその不安はなくなり、寮や学校でもたくさんの国際交流をすることができました。

<日本と現地の空港での手続き、到着後の空港送迎はスムーズでしたか?>

私が機内にAirPodsと充電ケーブルを忘れてきてしまったため、様々な空港のスタッフや忘れ物センターに伺ったりしていたので送迎組を待たせてしまいました。結局見つからなくて送迎の人に言ってみても「諦めて」と言われたので、現地で新しい物を買いました(笑)

■学校関連について

<学校の先生やスタッフ、授業内容はいかがでしたか?>

先生もスタッフも皆さん陽気でフレンドリーな方で楽しかったです。授業内容も環境問題などについて英語で討論したり、英語だけではなく社会問題についても楽しく学ぶことができました。

<入学時のレベルと修了時のレベルをそれぞれ教えてください>

二週間だけだったので、最初から最後まで同じクラスだったのですが、一番上のAdvanced (High)クラスでした。

<国籍バランス(学校全体、クラス内)や母国語禁止ルールはいかがでしたか?>

トルコから来られた方が圧倒的に多かったですが、自分のクラスではスイス、ブラジル、アフリカ、バランスよく分けられていたと思います。母国語禁止ルールは授業中以外は、みなさん母国の友達同士で母国語を使っていた印象があります。

<学校の施設や教材、周辺環境はいかがでしたか?>

学校設備、綺麗でした。下にはスーパーもあって十分ほど歩いたらメトロの駅にも着くので便利でした。ただエレベーターが混むことが難点でした。

<学校のアクティビティやオプションクラスに参加しましたか?内容はいかがでしたか?>

学校のアクティビティはデザートサファリのみ参加しました。初めての砂漠だったので大興奮でしたし、ラクダに乗れたり現地のパフォーマンスやビュッフェも楽しめました。

<学校のスタッフの対応やサポートはいかがでしたか?>

クレジットカードの対応やPCR検査のことを伺いに現地スタッフを利用しましたが、とても優しく接してくださりました。WhatsAppでも対応可なので学校にいなくても気になったことがあればいつでも聞けます。

■滞在関連について

<同室の生徒の国籍、食事内容、施設の清潔さや快適さはいかがでしたか?>

同室は日本人のルームメイトでした。食事も安くてよかったです。清潔な方だと思います。トイレが詰まりやすかったです。

■持ち物・お小遣いについて

<持っていけば良かったもの、持参不要だったもの>

クレジットカードは絶対VISAかMasterCardを持っていかないと、私のように大変な目に遭います。(N.KさんはJCBカードをお持ちでした)
サングラス、日焼け止めは本当に必須アイテムです。
短パンと水着も絶対必要です。

<滞在中のお小遣い(飲食代、交通費、旅行代など)はいくらくらい使いましたか?>

大体二週間で8万円ほど使いました。
飲食代:2万円
交通費:6,000円(割り勘などをしたので安上がりでした)
アクティビティ・観光:3万円
ショッピング・お土産:2.5万円

■アズ留学センターのサポートについて

LINEでコミュニケーションができるので助かりました。
業務的な連絡だけではなく、プライベートに沿ったお話もできてフレンドリーだなと感じました。

■これから留学する人へのアドバイス

英語が全くできない人からネイティブのように英語を使える人など、様々な人々がいます。もし、英語ができなくて不安だという人でも同じことで悩んでいる人が現地にたくさんいます。

ドバイに行って気づいたのはそういう人たちでも、伝えようとする熱意があれば必ず伝わるということです。ボディランゲージや簡単な中学レベルの単語だけでも通じます。

また、国際交流をする上でSNSのプラットフォーム(特にインスタグラム)をアクティブな状態にしておくことは本当に大切だと思いました。自分はインスタグラムをよく使っているので、出会ったらすぐにアカウントを教えてもらってDMを送って、その時の出会いだけではなく継続した関係にまで発展させることができるようになりました。おかげで、ランチやディナーの誘い、相手方の母国に訪れた際は泊めてあげるからおいで〜という会話など、国際交流を行う上でSNSの活用も大事だと思います。インスタグラムは出会った全員がアカウントを持っていました。

クレジットカードは絶対VISAかMasterCardで作ってください。JCBは使い物になりません。

■留学の総評

今回の留学で一番の収穫は、出会いでした。

私は二週間の短期の留学だったので、英語を学ぶことを目的として行ったのではなく観光のつもりで行きました。なので、現地で出会った日本人の友達と行動を共にすることが多かったです。

SNS上に日本人と一緒にいる様子などを載せると、「留学行っているのに日本人と一緒にいたら意味ないんじゃない?」などといった意見をいただくことがありました。でも、私が出会った日本人全員含め、現地で出会った留学生は全員私が尊敬できる方々でした。

ルームメイトだった日本人は一流のスタートアップ企業を辞めて自分のしたいことの実現のために留学に来ていたり、二週間で親友になれた一人の日本人は歌手活動や俳優活動を行なっており活動の幅を広げるために言語留学をしに来ていたり。他の日本人も学校を休学してまでドバイに来たり、その後は他の国に渡る予定の人など、コロナ禍での決断をしただけあって、全員が明確な目標や夢の実現のために訪れていました。私はそのような強い意志と決意を持ってドバイに来ている日本人と出会えたことが一番の思い出です。これからもかけがえのない仲間として繋がっていくと思います。

私が一番驚いたのは、社会問題に対しての理解の深さでした。私は現在、Voice Up Japanと呼ばれる一般社団法人の学生支部で活動しており、社会問題(ジェンダー、メンタルヘルスなど)について勉強をしています。ある授業中に、あるトルコ人の男子生徒が「女性は色白でナイスボディが魅力的でしょ?」と言った時に、周りの生徒が「それは違うよ」「それぞれの人の価値観だし、ありのままが一番美しいよ」と返答しているのを聞いて本当に感動しました。

私が社会問題について勉強・活動をしていると言った時も、みんなが興味を持ってくれたり、こういう時はどうしたらいいのかななど一緒に考えたりしました。そういった会話や交流ができることに本当に感動しましたし、日本の理解度の遅れを実際に体感することができました。

ほとんどの人々が語学留学のために、ドバイへ訪れると思うのですが、自分の価値観を広げるため、夢を実現するため、など様々な国籍の人々がいるドバイはまるで世界全体の縮図のようなので色々な経験を一つの場所ですることができます。

私にとってはドバイへ行った体験は本当にかけがえのないものとなりました。素敵な機会を設けてくださり、ありがとうございました。

以上、N.K.さんからのドバイ留学体験談でした。

2週間という短いご留学でしたが、たくさんの経験と素晴らしい仲間との出会いがあったとのことで、アズスタッフ一同嬉しい気持ちでいっぱいです!マルタ留学を断念してから、すぐにドバイ留学へ切り替えられた決断力と行動力があっての結果だと思います。

これからも、夢に向かって前進されるN.K.さんをアズ留学センターは引き続き応援したいと思います!

<ご出発前後の様子はこちら>

【出発!ドバイ留学】語学留学 2週間 in ドバイ(大学生・Kさん)

<お勧め!ドバイ留学について>

今すぐ行ける!Withコロナの留学〜ドバイ編〜

【ドバイ留学体験レポート①】語学留学 12週間 in ドバイ(大学院生・Aさん)

フォトギャラリー

体験談一覧に戻る

Instagram

留学相談 / お問い合わせ