実績15年の留学エージェント。4週以上の語学留学手続き無料!全国どこでもオンラインで相談OK!

会社案内

受付時間は土日祝日を除く10:00~18:00まで


【現地情報】NZの新型コロナ対応と教育について

ニュージーランド在住の現地パートナーオフィススタッフ・小西氏から見た「ニュージーランドの今」をお伝えいたします。

ニュージーランドの新型コロナ対応

ニュージーランドは、感染者がもともとあまり出ていなかったにもかかわらず、新型肺炎コロナウィルスを甘く見ずに、世界に先駆けいち早く入国制限、行動規制、ロックダウンを行ってきました。その結果、死者はわずか今現在9名、感染確認者は日に日に減少し、今現在(4月上旬)は1日6名程度の感染確認になっています。
*NZの新型コロナ罹患&回復最新情報➡https://www.health.govt.nz/our-work/diseases-and-conditions/covid-19-novel-coronavirus/covid-19-current-situation/covid-19-current-cases

アーダーン首相のリーダーシップ

アーダーン首相のリーダーシップは英国でも絶賛されています。私の個人的な印象ですが、アーダーン首相にしても、ドイツのメルケル首相、台湾の蔡 英文総統にしても、女性のリーダーは経済よりも国民の生命を一番に掲げる政策を進めているように思います。さすが女性、と言わざるを得ません。

*Newsweek(ニューズウィーク日本版)該当記事↓
 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/post-93115.php

ニュージーランドの教育に注目!

ニュージーランドは、公立の中学高校でもBYOD(Bring Your Own Device)が当たり前になっていますので、普段の授業でパソコンを使っています。
そのため今回のように学校が長期にわたって休校になっても、何の問題もなく学校の先生が授業や課題を配信し、自宅で問題なく生徒は授業を受けることができます。日本とは大違いですね・・・・

以上、小西氏ブログコメント抜粋

以上、現地パートナーオフィススタッフ小西氏のコメントとニュージーランドの写真のご紹介でした。

*小西氏来店時の過去ブログはこちらから↓
【スタッフ来店!】ニュージーランド★現地パートナーオフィスARCより日本人スタッフ・小西さん来店!

B!

ブログ検索

新着記事

留学プログラム

留学先を国から選ぶ

留学先を学び方から選ぶ

留学先を特徴から選ぶ

Instagram

留学相談 / お問い合わせ