実績15年の留学エージェント。24週以上の語学留学手続き無料!全国どこでもオンラインで相談OK!

会社案内

受付時間は土日祝日を除く10:00~18:00まで


0800-888-6188無料
受付時間:土日祝日を除く10:00~18:00まで

\ 海外大学進学 /

近年は日本国内だけに留まらず、海外での進学を目指す人も増えてきました。アズ留学センターでは、一人一人の進学目的や英語力に応じて、無理のない最適な進学プランをご提案します。
英語力に自信がないけれど海外の大学に行きたい、高校の成績が良くなかったけれど海外で進学したい…そんな方もお気軽にご相談ください。

海外大学進学のステップ

一般的に、海外の大学入学要件に必要な英語力を満たしていない場合には、不足している英語力を補うため、まず初めに語学研修が必要になります。進学英語コースでは、英語力を高めるレッスンはもちろん、大学の授業を受けるために必要なスキルや学習方法を身に付けることができます。

アメリカ、カナダの場合

アメリカに留学したIさんの場合

語学留学(2012年9月〜)

●条件付入学許可書(*)を取得し、語学学校ELS Teaneck & Oklahome校で進学英語コースを受講。カレッジに進学するために必要な英語レベルを目指す。

短大(2013年9月〜)

●ELS提携先のGlendale Community Collegeに入学
(必要な英語レベルに達したため、TOEFLのスコア無しで合格&入学!)

短大(2013年9月〜)

●日本人の少ない環境を目指し、ワイオミング州のNorthwest Collegeに編入。2016年6月に卒業

大学(2017年〜)

●他国の4年生大学への編入を目指す。

条件付き入学許可(Conditional Acceptance Letter)について

大学の出願手続きには、必ず「英語力の証明」が必要です。留学を志す方の多くは、TOEFLやIELTSといった公式スコアを持っていない、もしくは持っていても点数が入学要件に達していません。アズ留学センターでは海外の志望校から「条件付き入学許可証」を取得するサポートを行っています。
※アメリカの場合には、語学学校の大学進学サービスを通じて600校以上の大学と提携しています。

アメリカでの大学進学にお勧めの語学学校(条件付き入学許可証を取得して通学可能)

※条件付き入学許可書(Conditional Acceptance Letter)とは?
英語力以外の入学条件を満たしている学生が、大学(カレッジ)が提携する語学学校の英語コースにて一定基準の英語レベルを修了するか、指定日までに充分なスコアのTOEFLやIELTSを取得することを条件に、入学を許可する旨を証明する書類です。日本でいう「合格内定」と同じ役割です。
ELSの場合、レベル101~112のうち、レベル109を修了するとコミュニティカレッジに進学でき、レベル112を修了すると4年制大学に進学できます。この場合、TOEFLやIELTSのスコアは必要ありません。

イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランドの場合

オーストラリアで留学したKさんの場合

語学留学(2008年11月〜)

●語学学校Viva Collegeで進学英語コース(試験対策と進学準備)を受講。カレッジに入学するために必要な英語レベルを目指す。

語学留学(2009年9月〜)

●MartinCollegeへの入学を目指し、提携の語学学校(Embassy)へ転校(必要な英語レベルに達すればIELTSのスコア無しで入語学学校学可能)。

短大(2009年12月〜)

●Martin Collegeへ進学。ビジネス(アドバンスディプロマ)を取得。

大学(2011年2月〜)

●カレッジで取得した単位を移行しQueensland University of TechnologyのBachelor of business(Marketing)の2年次へ編入。学士を取得。

大学院(2013年2月〜)

●同大学院へ進学し、修士課程のMaster of Businessを受講学士課程と同じ専攻のため、1年半のコースを1年に短縮して修了する。同時期に現地エージェントで旅行担当として働く。

就職(2014年2月〜)

●ワーキングホリデービザを取得し、現地のカレッジ(Charlton Brown)の事務補佐として働く。

海外大学進学お勧め校

奨学金について

複数年の長期留学をされる方の中には、奨学金を得て少しでも留学費用をおさえたいという方もいらっしゃいます。
一般的に日本から得られる奨学金は、政府関連機関によるもの、民間団体によるもの、留学先の学校によるもの、の3つに分類されます。奨学金の種類によっては競争率が高く、審査が厳しいものもあります。
応募資格や申請方法はそれぞれ異なりますので、事前にしっかり確認をしておきましょう。 金融機関の教育ローンを利用することも可能です。

Instagram

留学相談 / お問い合わせ